おすすめ撮影ポイント
呼子町は佐賀県の西北、東松浦半島の最北端に位置しています。リアス式海岸の湾入部の呼子港は
天然の良港として、古くから大陸との往来の基地として栄えました。現在は長崎県の壱岐や佐賀県の玄界灘の離島(小川島=呼子町、加唐島・松島・馬渡島=鎮西町)への定期航路の発着港として重要な役割を果たしています。
呼子港の東側の朝市通りで、朝7時30分から12時まで毎日開かれています。約200mの朝市通りには、50軒近くの露店がズラリ。とれたての魚介類や加工品、野菜や花が所せましと並んでいます。元気のいい露店のおばちゃんの声や値段交渉なども楽しい、呼子ならではの朝の名物です。